HAIR SERVE 初詣 着物の格と髪型


初詣 訪問着の着物と髪型


より良い着こなしのための初詣着物と髪型の関係
HAIR SERVE>初詣 訪問着の着物と髪型


初詣 訪問着の着物と髪型

柄をあわせた着物です。 格調が高く、古典柄や花鳥風月柄、豪華なものは一つ紋を付けて準礼装として着る着物にもなります。 未婚、既婚を問わず着ることができますが、紋が付いてしまうと格が高くなってしまい着る場所が限られてしまうので、自分が着る場所によって紋をつけるかつけないかを選ぶとよいのではないでしょうか。

テーブル席に座ったとき、下半身が隠れてしまい、黒留袖、色留袖だと上半身に模様がない状態になります。

それに比べ、訪問着は上半身に模様が入り、とても華やかに着ることができます。 訪問着は、上前から下前まで柄が続いていて、胸、袖の裁ち目の部分も柄がきれいにつながる様にできていて、おくみも柄が入っています。前から見ても、後ろから見ても華やかな着物です。

結婚披露宴(お呼ばれ)、同窓会、見合い、茶会、他家への訪問など交流の場へでていくのにはぴったりです。

最も、幅広く活用できる着物です。 そのような幅の広い着物の髪型は、ダイヤモンドやエメラルドなどをあしらった髪飾りから、金属でできたラインストーンをあしらったもの、生花の髪飾りまでTPOに合わせて選ぶのもいいのではないでしょうか。